2019/01/25

嬬恋へ

先日、嬬恋でスノボしてきました。



息子が先シーズンからスノーボードを始めて、父子の唯一の共通の趣味ができたので、
一緒に行くようになりました。

先シーズン始めにバートンの新しいボードを買ってあげたものの、
「合わない」という理由だけで、すぐにメルカリで処分。

その後、私が乗るためにヤフオクで落とした中古のバートンも
「カービングには向いていない」との理由で、またもやメルカリで処分。

私がすべてお金を出しているのに、適当な理由をつけて、息子が小遣い稼ぎをして
いるという、いびつな関係が成り立っております。

父のボードは、とうとう5千円で落としたサンタクルーズの20年ぐらい前のビンテージボードに
なりました。サンタクルーズはサーフボードでも有名ですね。

ウェアも新調したし、ボードはちょっと古いが、充分滑りそうな感じがあり、
ワクワクしながら嬬恋へ向かいました。

%C4%DC%CE%F8%A3%B1.jpg

その日の天気は低気圧が接近するので、強風が吹き、吹雪くという予報でしたが、
碓氷軽井沢ICでは、快晴で、雪の降る気配はまるで無し。

ところが、中軽井沢から上り始めると天気は一変。雪がちらつき、ドンよりした空に変わり、
嬬恋パルコールスキー場に着くころには、前が見えない程の猛吹雪となりました。

%C4%DC%CE%F8%A3%B2.jpg

ゴンドラは強風で運航中止。リフトだけが数本動いているだけでした。
駐車場に停まっている車は、たったの7台。
ここまで来たから、ちょっとやってみるかと、ゲレンデへ。

リフトは防風がなく、強風が、まともに体に吹付け、急速に体温を奪っていきます。
ふたりして背を丸くして、寒さに耐えながら、何とかリフトを登り切りました。

%C4%DC%CE%F8%A3%B3.jpg

ゲレンデは、多分15人ぐらいしかおらず、貸切状態でした。
余程の物好きしかいなかったということで、新雪パウダースノーは独占させてもらいました。

しかし、15分必至で耐えて上り、5分で滑り下りること5回。
もう体力、気力も限界となり、早々に退散となりました。

無事に日帰りできたことを感謝しないといけない一日でした。


業務統括事業部  新保和久


日時: 2019年01月25日 16:01 | | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://orange-homeworks.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/1346
コメントを投稿する
コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。その際は少々、お待ちください。

  
Copyright© 2012 Orange home works. All Rights Reserved.